ブーダン

ウジェーヌ・ブータン(Eugene Boudin)

1824年~1898年 印象派
ウジェーヌ・ブータン
(Eugene Boudin)

<ウジェーヌ・ブータン 年表>
1824年 フランスのノルマンディー地方オンフルールにて生まれる。実家は水夫の家庭。
1835年 父が水夫を辞めたため、一家はフランスのルアーブルへ引越。
1845年 ブータンはミレー等のバルビゾン派の画家たちと出会う。
1857年 のちに印象派を代表する若き画家モネと出会う。
1874年 第一回印象派展に出展
1859年 画家ギュスターヴ・クールベと出会う この年にパリのサロンへのデビューを果たしている。 1881年 サロンで第3位を獲得
1889年 サロンで金賞を獲得
1892年 レジオン・ドヌール勲章を受け、ナイトの称号を得る。
1898年 ドーヴィルで死去

 

 

<ウジェーヌ・ブータン 作品一覧>
ウジェーヌ・ブータン「カマレ海岸、トゥーランゲ岬(Camaret, Le Toulinguet)」
ウジェーヌ・ブータン「ドービルの干潮(Deauville at Low Tide)」
ウジェーヌ・ブータン「ドービル、旗で飾られた港の船」
ウジェーヌ・ブータン「ドービルのテラス(Deauville, the Terrace)」
ウジェーヌ・ブータン「ジュアン・レ・パンの湾岸」
ウジェーヌ・ブータン「港の景色(Harbor Scene)」
ウジェーヌ・ブータン「港の入り口(Harbor Entrance)」
ウジェーヌ・ブータン「オンフルールの港(Harbor at Honfleur)」
ウジェーヌ・ブータン「ボルドーの港(Harbor at Bordeaux)」
ウジェーヌ・ブータン「ダンケルク(Dunkirk)」
ウジェーヌ・ブータン「アンティーブ岬(Le Cap, Antibes)」
ウジェーヌ・ブータン「橋際の洗濯女」
ウジェーヌ・ブータン「ボルドーの景観(View of Bordeaux)」
ウジェーヌ・ブータン「アンティーブの景観(View of Antibes)」
ウジェーヌ・ブータン「ベルクの入り江(The Inlet at Berck )」
ウジェーヌ・ブータン「ベニス、サン・ジョルジョから見たサンタ・マリア・デラ・サルーテ教会」
ウジェーヌ・ブータン「トゥルーヴィルの海岸(The Coast at Trouville)」
ウジェーヌ・ブータン「ドービルのトゥーク川にかかる橋」
ウジェーヌ・ブータン「アントワープの嵐(Storm over Antwerp)」
ウジェーヌ・ブータン「ル・アーブルの港(Port of Le Havre)」

タグ

ホイッスラー

ジェームズ・マクニール・ホイッスラー

1834年~1903年 印象派(耽美主義) 
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
(James Abbott McNeill Whistler)

<ジェームズ・マクニール・ホイッスラー 年表>
1834年 アメリカ、マサチューセッツ州で誕生
1842年 父親の仕事の関係上、ロシアのサンクト・ペテルブルグへ移住。ロンドンやブリストルにも移住
1851年 母国アメリカに戻り、ウェストポイントの陸軍士官学校に入学
1854年 同校中退
1854年 ワシントンD.C.で地形図の銅版画工として働く
1855年 パリに移住
1859年 ロンドンへ移り、以後、ロンドンとパリを往復しつつ制作活動を続ける
1860年 ロンドンのロイヤル・アカデミーに出品
1862年 ロンドンの展覧会に出品
1863年 パリの「落選展」に出品された『白の少女』一躍注目を集める
1876年 パトロンの富豪レイランドのロンドンの邸宅の室内装飾を手がける
1886年 イギリス美術家協会会長に任命される
1903年 69歳、ロンドンで死去

 

 

<ジェームズ・マクニール・ホイッスラー 作品一覧>
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「青と金のノクターン ~オールド・バターシー・ブリッジ~」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「黒と金のノクターン ~ 落下する花火~」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「肌色と緑の薄暮~バルパライソ~」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「灰色と緑のハーモニー~シシリー・アレキサンダー嬢~」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「灰色と黒のアレンジメント 第1番 画家の母の肖像」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「灰色と黒のアレンジメント 第2番 トマス・カーライルの肖像」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「白のシンフォニーNo.1」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「白のシンフォニーNo.2」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「白のシンフォニーNo.3」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「陶磁の国の姫君」
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー「ピアノにて」
 

タグ

シスレー

アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley)

1839年~1899年 印象派
アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley)

「私は空から描き始める。空は単なる背景ではない」

<アルフレッド・シスレー 年表>
1839年 10月30日フランスのパリに生まれる(国籍はイギリス)
1857年 ロンドンで商売の修業をする(~1861年)
1862年 画家を志望してパリに戻る
1862年 シャルル・グレールの画塾に入る(ルノアール、モネ、ドガ等の画家と知り合う)
1860年代半ば モデルを務めていたウジェニー・レクーゼクという女性と交際
1867年 息子ピエール誕生
1867年 画家コローの弟子としてサロンに出品
1869年  娘ジャンヌ・アデル誕生
1870年 普仏戦争及びパリ・コミューン(労働者階級による革命政府)騒動の為、実家が破産。経済的困窮に陥る。
1871年 パリ・コミューンを避けるためルーヴシエンヌにほど近いヴォワザンへ移住。
その後、アルジャントゥーユ、ブージヴァル、ポール・マルリにも移住。
1874年 熱心な収集家で著名なオペラ歌手であったジャン=バティスト・フォールの招きによりイギリスに滞在(7~10月)
1874年 第1回印象派展に出品(~第3回まで出品)
1875年 モネ、ルノワール、ベルト・モリゾとともに水彩画、油彩画の即売会開催
1889年 11月モレ・シュル・ロアンに移住
1893年 モレ・シュル・ロワンのノートルダム教会を連作で14点描く(~1894年)
1897年 イギリスのコーンウォールでウジェニーとの婚姻届を提出。
1899年 モレ・シュル・ロワンで癌の為亡くなる(60歳)

 

 

<アルフレッド・シスレー 作品一覧>
アルフレッド・シスレー「ポール・マルリの洪水」
アルフレッド・シスレー「ポール・マルリの洪水の波止場」
アルフレッド・シスレー「洪水と小船」
アルフレッド・シスレー「アルジャントゥイユのセーヌ河」
アルフレッド・シスレー「アルジャントゥイユの広場」
アルフレッド・シスレー「アルジャントゥイユのエロイーズ大通り」
アルフレッド・シスレー「モレの教会」
アルフレッド・シスレー「モレ・シュル・ロワンの教会ー雨の朝」
アルフレッド・シスレー「朝の日差しを浴びるモレの教会」
アルフレッド・シスレー「モレ・シュル・ロワン」
アルフレッド・シスレー「マトラの船着場、モレ・シュル・ロワン」
アルフレッド・シスレー「ヴァルヌーヴ・ラ・ガレンヌの橋」
アルフレッド・シスレー「春の太陽ーロワン河」
アルフレッド・シスレー「サン・マメスのロワン河畔」
アルフレッド・シスレー「サン・マメスの眺め」
アルフレッド・シスレー「セーヌ河岸のヴァルヌーヴ・ラ・ガレンヌ」
アルフレッド・シスレー「ハンプトンコートの橋の下で」
アルフレッド・シスレー「ルーヴシエンヌの庭」
アルフレッド・シスレー「ルーヴシエンヌの初雪」
アルフレッド・シスレー「ルーヴシエンヌの庭 ~雪景色~」
アルフレッド・シスレー「レ・サブロンの農家の中庭」
アルフレッド・シスレー「果樹園」
アルフレッド・シスレー「モレジーの競艇」

タグ

ピサロ

カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)

1830年~1903年  印象派
カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)

<カミーユ・ピサロ 年表>
1830年 7月10日カリブ海にある西インド諸島セント・トマスで生まれる
1841年 パリの学校に通う
1847年 一旦故郷に戻る
1852年 セント・トマス島でデンマーク出身の画家フリッツ・メリビーと出会い絵画を学ぶ
1854年 ベネズエラのカラカス島へ旅行
1855年 再びフランスへ行き、エコール・デ・ボザール入学
当時フランスでは、パリ万博美術展が開催されており、そこでコローやクールベの風景画を見て、影響を受ける。
1859年 「モンモランシーの風景」が初出品ながら入選
1861年 アカデミー・シュイスでセザンヌに出会う
1862年 シャルル・グレール画塾でモネ、ルノアール、シスレーらと出会う
1866年 ポントワーズに移住
1869年 ルーヴシエンヌに移住
1870年 普仏戦争から逃れてロンドン郊外へ移住
1870年  ジュリー・ヴェリーという女性と結婚
1874年 第1回印象派展出品。以降第8回印象派展(1886年)まで全てに出品
1884年 エラニーに移住。
1885年頃 この頃からスーラなどの新印象派が用いた技法である点描表現も作品に取り入れる
1903年 11月13日パリにて死去。73歳。

 

 

<カミーユ・ピサロ 作品一覧>
カミーユ・ピサロ「赤い屋根」
カミーユ・ピサロ「干し草の刈り入れ~エラニーにて~」
カミーユ・ピサロ「花を咲かせている西洋梨の木~エラニーの朝~」
カミーユ・ピサロ「エラニーのすももの木」
カミーユ・ピサロ「エラニーの冬~朝日の効果~」
カミーユ・ピサロ「エラニーの景観」
カミーユ・ピサロ「エラニーの草原」
カミーユ・ピサロ「エラニーでのリンゴ狩り」
カミーユ・ピサロ「雪に注ぐ朝日~エプトにて~」
カミーユ・ピサロ「ルーヴシエンヌ通り」
カミーユ・ピサロ「ルーヴシエンヌのヴェルサイユ街道~雪の効果~」
カミーユ・ピサロ「ルーヴシエンヌのヴォワザン通り」
カミーユ・ピサロ「モンフーコーの農場」
カミーユ・ピサロ「モンフーコー~雪の効果~」
カミーユ・ピサロ「ボントワーズ近くの工場」
カミーユ・ピサロ「ボントワーズ、エルミタージュの坂道」
カミーユ・ピサロ「パリのポン・ヌフ」
カミーユ・ピサロ「エルミタージュのコート・デ・パブ」
カミーユ・ピサロ「マルヌ河の岸辺」
カミーユ・ピサロ「ラ・ロシュ・ギュイヨンの広場」
カミーユ・ピサロ「ラ・ロシュ・ギュイヨンのロバに乗った散歩」
カミーユ・ピサロ「ジャガイモの収穫」
カミーユ・ピサロ「帽子を被った農家の娘」
カミーユ・ピサロ「井戸端の女と子供」
カミーユ・ピサロ「小枝を持つ少女」
カミーユ・ピサロ「リンゴ狩り」
カミーユ・ピサロ「オペラ座通り」
カミーユ・ピサロ「イタリア通り」
カミーユ・ピサロ「モンマルトル大通り~曇りの朝~」
カミーユ・ピサロ「テアトル・フランセ広場~雨の効果~」
カミーユ・ピサロ「テアトル・フランセ広場」

タグ

マネ

エドゥアール・マネ(Edouard Manet)

1832年~1883年 
エドゥアール・マネ(Edouard Manet)

<エドゥアール・マネ 年表>
1832年 1月23日フランスのパリに生まれる
1848年 16歳の時、画家になりたいと父に申し出たが、一蹴される
1850年 18歳のマネは、再度画家になりたいと父親を説得し、トマ・クチュールに弟子入りする
1861年 サロンに「スペインの歌手」が初入選
1863年 「草上の昼食」が、裸体の女性を描いたことから問題作として物議を呼ぶ
1865年 「オランピア」が、フランスの娼婦を描いたものとして、さらに反感を買う
1860年代 後の印象派となるバティニョール派に先駆者と見なされ、慕われるようになる
1883年、4月30日、51歳にして死去

 

 

<エドゥアール・マネ 作品一覧>
エドゥアール・マネ「笛吹き少年」
エドゥアール・マネ「ベルト・モリゾの肖像」
エドゥアール・マネ「水晶の花瓶に活けたクレマチス」
エドゥアール・マネ「グラスに活けたライラック」
エドゥアール・マネ「花瓶のローズとチューリップ」
エドゥアール・マネ「メロンと桃による静物」
エドゥアール・マネ「舟遊び」
エドゥアール・マネ「海辺にて」
エドゥアール・マネ「ヴェネチアの大運河」
エドゥアール・マネ「キアサージ号とアラバマ号の海戦」
エドゥアール・マネ「バルコニー」
エドゥアール・マネ「老音楽師」
エドゥアール・マネ「オランピア」
エドゥアール・マネ「ブロンド髪の女性」
エドゥアール・マネ「皇帝マクシミリアンの処刑」
エドゥアール・マネ「鉄道」
エドゥアール・マネ「アルジャントゥーユ」
エドゥアール・マネ「フォリー=ベルジェール劇場のバー」
エドゥアール・マネ「エミール・ゾラの肖像」
エドゥアール・マネ「温室にて」
エドゥアール・マネ「アプサントを飲む男」
エドゥアール・マネ「草上の昼食」
エドゥアール・マネ「テュイルリー公園の音楽祭」
エドゥアール・マネ「オペラ座の仮面舞踏会」

 

タグ

ギヨマン

ジャン=バティスト・アルマン・ギヨマン

1841年- 1927年 印象派
ジャン=バティスト・アルマン・ギヨマン(Jean-Baptiste Armand Guillaumin)

 

<アルマン・ギヨマン 年表>
1856年頃 叔父経営の服飾店に勤める傍ら、夜間の写生学校に通う
1860年 フランス政府鉄道であるオルレアン鉄道に就職
1861年 仕事の合間にアカデミー・シュイスで絵画を学び始め、仕事のない夜間に絵画制作をする。
この時ピサロ、セザンヌ等と出会う。
1863年 落選展に出品し、ゴッホの弟テオがその絵を数点購入した
1866年 オルレアン鉄道を退職。ピサロと共に野外制作に取り組むもなかなか上手くいかない。 再びパリ市の土木課に就職、橋や道路を管轄する管理職に就く。夜間のみこの仕事に従事し、その他は絵画制作に取り組む。
1874年 第一回印象派展に参加(以後6回参加)
1891年 50歳の頃、宝くじに高額当選。生活にゆとりが持てるようになったため仕事を辞め、絵画制作に専念するようになる。
1890年~ クローザンに移住
1892年頃~ 故郷に近い、クルーズ渓谷にある小さな村であるフランス中部リムーザンのクルーズ県ポンシャローに度々訪れ、風景画を制作する。
1920年~ 制作意欲が衰える
1927年 生まれ故郷であるパリの真南にあるヴァル=ド=マルヌ県オルリーで死去、86歳。

 

 

<アルマン・ギヨマン 作品一覧>
アルマン・ギヨマン「アルクイユの水道橋」
アルマン・ギヨマン「釣り人たち(The Fishermen)」
アルマン・ギヨマン「雪の中の小道(A Path in the Snow)」
アルマン・ギヨマン「ベルシー河岸~雪の印象~」
アルマン・ギヨマン「静物 ~花、陶器、書物~」
アルマン・ギヨマン「パリに流れるセーヌ川」
アルマン・ギヨマン「パリ郊外(Outskirts of Paris )」
アルマン・ギヨマン「イヴリーの落陽(Sunset at Ivry)」
アルマン・ギヨマン「裸婦(Reclining Nude)」
 

 

タグ

モリゾ

ベルト・モリゾ

1841年~1895年 印象派
ベルト・モリゾ(Berthe Morisot)

<ベルト・モリゾ 年表>
1841年 フランス、パリに生まれる。
1864年 サロン初入選 1874年 33歳のときにマネの実弟ウジェーヌ・マネと結婚、第1回印象派展開催。
1878年 娘ジュリー・マネが誕生
1874年 第1回印象派展に参加
1895年 54歳のとき、肺炎にて死去

 

 

<ベルト・モリゾ 作品一覧>
ベルト・モリゾ「夏の日」
ベルト・モリゾ「ニースの港」
ベルト・モリゾ「立葵」
ベルト・モリゾ「ロリアンの小さな港」
ベルト・モリゾ「蝶々捕り」
ベルト・モリゾ「ワイト島のウジェーヌ・マネ」
ベルト・モリゾ「ブージヴァルの庭のウジェーヌ・マネと娘」
ベルト・モリゾ「マンドリンを弾くジュリー」
ベルト・モリゾ「モリゾ夫人とその娘ポンティヨン夫人」
ベルト・モリゾ「ソファーに座る2人の娘」
ベルト・モリゾ「読書」
ベルト・モリゾ「庭のウジェーヌ・マネと娘」

タグ

ドガ

エドガー・ドガ

1834年~1917年 印象派
エドガー・ドガ(Edgar Degas)

<エドガー・ドガ 年表>
1834年 7月19日フランス、パリで生まれる。父は裕福な銀行家
1855年 官立美術学校に入学し、アングルの弟子の画家ルイ・ラモートに師事した
1856年 イタリアの叔母ラウラの家に移住。ここでルネサンス芸術に触れ、古典美術を研究
1865年 歴史画でサロン初入選
1862年 印象派のマネに出会う
1867年 バティニョール派の画家が集うカフェ・ゲルボワで画家等と親交を深める
1874年 第一回印象派展に参加(第1回目から合計7回参加)
1874年 父、死去。それにより莫大な借金が残る
1917年 9月27日パリにて死去

 

 

 

<エドガー・ドガ 作品一覧>
エドガー・ドガ「舞台の踊り子」
エドガー・ドガ「舞台の二人の踊り子」
エドガー・ドガ「アラベスクの幕切れ」
エドガー・ドガ「バレエ教室」
エドガー・ドガ「舞台のバレエ稽古」
エドガー・ドガ「バーで練習中の踊り子」
エドガー・ドガ「座る踊り子」
エドガー・ドガ「リハーサル」
エドガー・ドガ「青い踊り子たち」
エドガー・ドガ「オペラ座の稽古場」
エドガー・ドガ「アイロンをかける女」
エドガー・ドガ「アイロンをかける女~逆光~」
エドガー・ドガ「髪を梳く女」
エドガー・ドガ「体を拭く女」
エドガー・ドガ「手袋をした歌手」
エドガー・ドガ「フェルナンド座のララ嬢」
エドガー・ドガ「カフェ・コンソール」
エドガー・ドガ「女と菊の花」
エドガー・ドガ「ベレッリ家の肖像」
エドガー・ドガ「カフェにて」
エドガー・ドガ「オーケストラ席の音楽家」
エドガー・ドガ「競走馬」
エドガー・ドガ「競馬場の馬車」

タグ

ルノワール

ピエール=オーギュスト・ルノアール

1841年~1919年 印象派
ピエール=オーギュスト・ルノアール(Pierre-Auguste Reoir)

<ピエール=オーギュスト・ルノアール 年表>
1841年 フランス中南部のリモージュに生まれる。
1844年 一家でパリに移住
1850年 陶磁器の絵付け職人として働き始める
1858年 働いていた店が潰れ、職を失う
1861年 シャルル・グレール画塾に入学
1862年 官立美術学校に入学。モネ、シスレー等と出会う
1864年 初めてサロンに入選
1865年 リーズ・トレオと交際
1874年 第1回印象派展開催
1880年 自分の作風、そして印象派の技法に疑問を持ち始める。
1881年 イタリアへ旅行をする。古代ローマやルネサンス美術にふれる
1884年 カミーユ・コローの研究のためラ・ロシェーヌへ旅行
1885年 長男ピエール誕生
1890年 アリーヌと正式に結婚
この頃からは重度のリウマチにより絵画制作に支障が出るようになるが、制作意欲は衰えることなく、制作に没頭する。
1894年 次男ジャン誕生
1901年 クロード(通称ココ)誕生
1896年 妻の故郷であるパリの南東160kmエッソワ村に自宅購入
1907年 南フランスのカーニュに移住
1915年 妻、死去。
1919年 12月3日、78歳で死去

 

 

<ピエール=オーギュスト・ルノアール 作品一覧>
ルノアール(ルノワール)「春のブーケ(春の花)」
ルノアール(ルノワール)「花瓶にはいったバラとジャスミン」
ルノアール(ルノワール)「ばら」
ルノアール(ルノワール)「ブージヴァルのダンス」
ルノアール(ルノワール)「都会のダンス」
ルノアール(ルノワール)「イレーヌ・カーン・ダンヴェルス嬢」
ルノアール(ルノワール)「ぶらんこ」
ルノアール(ルノワール)「田舎のダンス」
ルノアール(ルノワール)「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」
ルノアール(ルノワール)「雨傘」
ルノアール(ルノワール)「菊」
ルノアール(ルノワール)「青い花瓶のアネモネ」
ルノアール(ルノワール)「花瓶の花」
ルノアール(ルノワール)「花瓶の花2」
ルノアール(ルノワール)「花瓶の花3」
ルノアール(ルノワール)「草むらの中の坂道」
ルノアール(ルノワール)「落穂を拾う少女」
ルノアール(ルノワール)「白いエプロンの少女」
ルノアール(ルノワール)「モデルの肖像」
ルノアール(ルノワール)「青い帽子の少女」
ルノアール(ルノワール)「アニエールのセーヌ河」
ルノアール(ルノワール)「ベニスのサンマルコ広場」
ルノアール(ルノワール)「テラスにて」
ルノアール(ルノワール)「桟敷席」
ルノアール(ルノワール)「日傘をさすリーズ」
ルノアール(ルノワール)「舟遊びをする人々の昼食」
ルノアール(ルノワール)「女性大浴女図」
ルノアール(ルノワール)「エチュード若い女のトルソ、陽の効果」
ルノアール(ルノワール)「足を組む裸婦と帽子」
ルノアール(ルノワール)「若い浴女」
ルノアール(ルノワール)「狩りをするディアナ」
ルノアール(ルノワール)「バレリーナ(踊り子)」
ルノアール(ルノワール)「じょうろを持つ少女(ギスカンヌ嬢)」
ルノアール(ルノワール)「ロメーヌ・ラコー嬢」
ルノアール(ルノワール)「ピアノを弾く二人の少女」
ルノアール(ルノワール)「ピアノに寄る娘たち」
ルノアール(ルノワール)「アルフレッド・シスレー夫妻の肖像」
ルノアール(ルノワール)「オダリスク」
ルノアール(ルノワール)「ラ・グルヌイエールにて」
ルノアール(ルノワール)「ラ・グルヌイエール」

タグ

モネ

クロード・モネ

1840年~1926年 印象派
クロード・モネ (Claude Monet)  

「私は鳥が歌うように、絵を描きたい」

<クロード・モネ 年表>
1840年 11月14日パリに生まれる
1845年 一家でル・アーヴルへ移住
1857年  母死去
1858年  画家ブーダンから風景画の影響を受ける
1859年 パリへ移住、自由画塾アカデミー・シュイスでピサロに出会う
1861年 兵役でアルジェリアへ行く
1862年 アルジェリアから戻り、シャルル・グレールの画塾に入る(シスレー、ルノアール等と出会う)
1863年 「緑色のドレスを着た女性」が官展に初入選する
1867年  第一子ジャン誕生
1868年  カミーユと正式に結婚、普仏戦争のためロンドンへ移住
1869年  アルジャントゥーユへ移住
1873年  ノルマンディーへ行く
1874年 第1回印象派展を開催(「印象・日の出」を出品)
1876年 第2回印象派展を開催
1877年 第3回印象派展開催
1878年 パリへ移住
カミーユとの間に第2子誕生
第4回印象派展を開催する。
1878年 ヴェトイユの別の場所へ引越し、パリのアトリエも引っ越す
1879年 妻カミーユ死去
1880年 官展入選、初個展開催
1883年 ジヴェルニーの借家に住む
1890年 ジヴェルニーに家を購入
1892年 アリス・オシュデと再婚
1911年 妻アリス死去。
1914年 息子ジャン死去
1926年 12月5日、ジヴェルニーで死去。

 

 

<クロード・モネ 作品一覧>
クロード・モネ「睡蓮 緑のハーモニー」
クロード・モネ「睡蓮」
クロード・モネ「印象・日の出」
クロード・モネ「日傘をさす女(左向き)」
クロード・モネ「日傘をさす女(右向き)」
クロード・モネ「日傘をさす女(妻カミーユver.)」
クロード・モネ「睡蓮 曇り日」
クロード・モネ「睡蓮2」
クロード・モネ「睡蓮~青とピンク~」
クロード・モネ「かささぎ」
クロード・モネ「睡蓮~黄金色~」
クロード・モネ「積みわら~夕陽~」
クロード・モネ「積みわら~日没~」
クロード・モネ「積みわら~朝~」
クロード・モネ「アルジャントゥイユのレガッタ」
クロード・モネ「アルジャントゥイユの橋」
クロード・モネ「アルジャントゥイユの広場の並木道」
クロード・モネ「アルジャントゥイユの川岸」
クロード・モネ「アルジャントゥイユのひなげし」
クロード・モネ「アルジャントゥイユのモネの家」
クロード・モネ「アルジャントゥイユの家」
クロード・モネ「アルジャントゥイユの野原」
クロード・モネ「サンタドレスのテラス」
クロード・モネ「サンタドレスの花咲く庭」
クロード・モネ「サンタドレスの庭」
クロード・モネ「チューリップ畑・オランダ」
クロード・モネ「ポプラとポピー」
クロード・モネ「読書するシュザンヌと絵を描くブランシュ」
クロード・モネ「サンマルタン島の小道」
クロード・モネ「ヴェトゥイユのモネの庭」
クロード・モネ「リンゴの入った籠」
クロード・モネ「エブト川の船遊び」
クロード・モネ「ジヴェルニーのポプラ並木~曇り~」
クロード・モネ「ジヴェルニーのモネの庭の小道」
クロード・モネ「ジヴェルニーのモネの庭」
クロード・モネ「セーヌに沈む日」
クロード・モネ「セーヌの日没」
クロード・モネ「黄昏、ヴェネツィア」
クロード・モネ「ポプラ並木~夕日~」
クロード・モネ「エプト川のポプラ並木」
クロード・モネ「ポプラ並木」
クロード・モネ「日に輝くポプラの下」
クロード・モネ「モンジュロンの庭」
クロード・モネ「リラの木の下で」
クロード・モネ「ラ・グルヌイエール」
クロード・モネ「ノルヴェジエンヌ号で」
クロード・モネ「死の床につくカミーユ・モネ」
クロード・モネ「ラ・ジャポネーズ」
クロード・モネ「緑色のドレスを着た女性」
クロード・モネ「サン・ラザール駅」
クロード・モネ「サン・ドニ街、1878年6月30日の祝日」
クロード・モネ「ルーアン大聖堂」
クロード・モネ「ロンドン国会議事堂」
クロード・モネ「ロンドン国会議事堂~テームズ川の反映~」
クロード・モネ「ロンドン国会議事堂~陽光の効果~」
クロード・モネ「アルジャントゥイユの鉄道橋(鉄橋)」
クロード・モネ「アルジャントゥイユの散歩道」
クロード・モネ「草上の昼食」

タグ

このページの先頭へ